Shimanofuku

 

島の光、島の風、島の海をそのまま形にした島じかんを味わう服。
淡路島の染織家いついろさんと共に創っています。淡路島で育てた藍、玉葱、刈萱などを使用し染色した糸を使い表現しました。

織工房いついろは、染織作家の山下絵里さんが木綿や麻の糸を植物染料で染め、絣織などの手織り物を制作している工房です。畑でコットンや藍を育て糸紡ぎをしたり染織をしています。その織物を見たとき、布という領域で洋服と組み合わせることができれば可能性が広がるのではないかと思い、2013年から共に作品創りをしています。身に付けるほど体に寄り添う、使うほど愛着が湧く、植物と衣のコラボレーションです。 

写真は、絣織と、藍、刈安、玉ねぎを糸染めしたもの。 

 

◎島海ベスト

Made in Japan

表:麻-100% , 帯:綿麻100%

竹素材のボタン。背中の帯の部分は淡路島のいついろさんと麻と綿糸を使い淡路島産の藍染、玉ねぎで染め創り上げた手織物を使用。帯のカラーリングは瀬戸内海の海の色を、麻炭で染めた糸で刺し子刺繍は星空をイメージしました。いろんな作業するひとの背中が物語ります。

本体価格¥18,700 + tax
背中の背守りになる刺繍はオプションになります。¥3,000+ tax


お問合わせはこちらからお願いします。

◎島海ベスト (表)

◎島海ベスト (表)

◎島海パンツ

Made in Japan

表:麻-100% , 帯:綿麻100%

巻きの部分を前後にアレンジでき、ユニセックスに履けるパンツ
帯の部分は淡路島のいついろさんと麻と綿糸を使い淡路島産の藍染、玉ねぎで染め創り上げた手織物を使用。帯のカラーリングは瀬戸内海の海の色をイメージしました。
本体価格¥21,000 + tax



※ 腰帯の織物は、手染め、手織り生地によるため、織りムラ・色ムラなど
不均一に出ている場合がございますが
手織り物の特徴となる為、どうぞご了承くださいませ*
お洗濯は手洗いでお願い致します。

お問合わせはこちらからお願いします。